FC2ブログ
プロフィール

少色

Author:少色
     syousiki
     

一応アドレス
sanzikaro☆
mail.goo.ne.jp

☆を@に変えて、上下を連結のこと。

Twitter始めました

ブログを更新するのが面倒だから

こうしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

しょーしきのしょーじきしんどい。
少色適当なことを適当に書きます。
ライトノベルとアニメ化の関係
昨今のアニメ化されるライトノベルアニメ化傾向には二つパターンがあると思うのです。

一つは、「ハルヒ」に代表されるような「人気があるから」アニメ化されるタイプ。シャナなんかもこちらに分類されます。てか、両方ともイラストが同じですね。こちらは本来あるべきアニメ化の姿で、いかにも的なオタクっぽさがあり、ある種、特定の客層をターゲットにしたアニメーションだといえます。特にハルヒの場合、原作の流れの中に短編を挟むという、混乱しやすい形式を取っており、原作の売り上げがあるからこそできる技ともいえるでしょう。

二つ目は、「ムシウタ」のような、「面白いけど、人気がいまひとつ」なタイプ。こちら、確実に売れるからではなく、むしろ、「原作をもっと売ろう」という魂胆も含まれており、最近の主流はこちらだといえます。特にWOWOWのアニメ枠では富士見ファンタジア系のライトノベルが連続でアニメ化されており、こういった商法の代表格ともいえるでしょう。

(注:この枠で多くアニメ化されるのは「フルメタル・パニック」の影響があったからによるもの)

このタイプでは、原作の要点を切り貼りしたようなアニメが多く、(特に1クールだと)オリジナルストーリーも多いです。もっとも、フルメタはほとんどがオリジナルですが。
ただ、フルメタはアニメ化によって書くキャラのビジュアルが美麗になり、男性キャラはともかく、かなめやテッサ、蓮のようなヒロイン格が人気を集めたともいえますが。……いや、フルメタは普通に面白いですよ?


ああもうなんかこれくらいかなあ。

もっとも、アニメ化しても正直微妙だと思える作品(ムシウタとか)、絶対にアニメ化できない作品とか(されど罪人は竜と踊る)、そんなのもあるわけですし、結局のところ、出版業界が生き残る必死の策なんだろうなとそういうことで。
では。
いいや! 限界だ! 『押す』ねッ!














早く去年のメモリーCD貰いたいなあ
スポンサーサイト




テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syousiki.blog53.fc2.com/tb.php/314-ad97f3a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)