FC2ブログ
プロフィール

少色

Author:少色
     syousiki
     

一応アドレス
sanzikaro☆
mail.goo.ne.jp

☆を@に変えて、上下を連結のこと。

Twitter始めました

ブログを更新するのが面倒だから

こうしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

しょーしきのしょーじきしんどい。
少色適当なことを適当に書きます。
血染めってレベルじゃあねえぞ!?
いつのまにやら、日に日に変態臭が増している当ブログも始めてから一年が経過していました。一ヶ月以上前の話になりますが。

ギアスは、えと、一言で表すと、

日本人のみなさ~ん、死んでくれませんかぁ \(^0^)/

っていう内容。
ユフィやりすぎだろ……常識的に考えて……。
全力」「コンパクト」以来の衝撃。いやむしろそれ以上?

では、一つずつ突っ込んでいきます。

①ルルーシュ甘すぎ
前回ユフィてめえブチ殺すぞみたいなこといっときながらあっさり折れて和平を結ぼうとする。そこが温いというかなんというか。

②兵士無謀すぎる
なんであの状況でユフィの命令に従うのかと。ダールトン将軍も撃たれてる状況で。

③ルルーシュうっかりすぎ
なんでそんなやっちゃった見たいな感じなのかと。

しかし何故こうも予想を完膚なきまでに裏切られるのか……。
前の記事が恥ずかしすぎて死にたくなります。俺は生きなきゃいけないんだ。

で――分析に入ります。

そのいち 何故スザクはC.C.の姿を幻視したのか。
おそらくは、ナリタの時の後遺症とかそういうのなんでしょうけども――まさか、もうギアス能力保持ってこともないでしょう。あのV.V.ってのがどう関わってくるか。
スザクは物語上、騎士としての役割以上のことを為さないと思いますし、ギアスついたら反則ですし。

そのに 「あやつめ、やりおる」
アナゴさん笑いすぎっすよ。いや、この「あやつ」というのが誰を指しているのか。本命はルルーシュでしょうが、ギアス関連であることは確かなので、今回ので、皇帝はギアス能力がどのように行使されたのかを知ることができると考えていいでしょう。

そのさん 今思った
皇帝がギアス能力を管理できているとしたら、C.C.はどのような扱いになるのかと。C.C.を魔女だという表現がある以上、魔女狩りというワードを排して考えることは不可能なわけで、ということは――マリアンヌはなんらかのギアス能力者、あるいは、C.C.やV.V.と同じような種族の人間であるということに……?
だから殺されたと。故に、クロヴィスはC.C.を研究し(自分が皇帝になるために)、ルルーシュをライバル視していたと(マリアンヌ=C.C.と同種の子であるとして)……

……とにかく、来週が楽しみであるというか不安であるというか。

ああそーだ、オレンジはまだかオレンジはまだかオレンジはまだかオレンジはまだかあああ
それさえはっきりしてくれれば文句はいいませんよ。
では。
貴方に最悪の災厄の再来を全力で


スポンサーサイト




テーマ:戯言 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syousiki.blog53.fc2.com/tb.php/260-6afcca1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)