プロフィール

少色

Author:少色
     syousiki
     

一応アドレス
sanzikaro☆
mail.goo.ne.jp

☆を@に変えて、上下を連結のこと。

Twitter始めました

ブログを更新するのが面倒だから

こうしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

しょーしきのしょーじきしんどい。
少色適当なことを適当に書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語は現実を殺す
 とらドラを二夜連続で(まんまと)見てしまった。

 そしたら今日、月曜の朝によりにもよって中学2年までの同級生とサッカーしたり一緒に弁当食ったりする夢を見てしまった。もう勘弁してほしい。明らかにとらドラを見たせいであるし、なんでよりにもよってあの同級生たちの夢を見たのか意味が分からない。お前馬鹿なんじゃねえの。はい馬鹿でーーーーーーーーーーーーーーーす!! おちんちんびろーーーーーーーーーーーーーんうんこどぼーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!
 
 ねんていうか、とらドラって理想なんですよね。とらドラ終わった直後のリプライの飛ばしあいで、アニメはTAS、現実は良くてもRTA、みたいな話をされまして、ああなるほどなーと思いつつ、「でもTASって実機でも出来ないわけじゃないよね」とか寝る直前に思ったりもしました。

 多分この感覚って、さよならピアノソナタを読んだときにもとても近いんだと思います。なんていうか、とらドラの世界とかさよならピアノソナタの世界って、極めて現実から乖離した理想の世界というか、現実には「そんなもんねーよwwww」っていわれるような出来事で作られてるように見えるのですが、では何故それが見ている物にダメージを与えるのか。

 だって現実が物語に負けてるから。

 やれ放射能がー経済がーTPPがー恵まれない子供たちがーみたいな話を全部差し置いて、それであんな世界が成立している。現実よりも素晴らしい物語が存在している。無論それは私が見ている現実とか世界とかの問題であって、物語のような現実を実際に生きている人だってどっかにはいるのかもしれない。というかいて欲しい。そうでもないと、現実は物語にいつまでたっても勝てやしない。

 このどっかにいて欲しいっていう感覚が強い人ほど、なんていうか非現実的な物にのめり込みやすいんじゃねえかなあ、とか。

 そもそも、現実の辛さとか現実の悲惨さとか、物語に落としこんだところでそもそも面白くないわけですよ。そんなもん見て楽しむくらいなら現実見ろよんなもん見てねえで作ってねえでカンボジアに学校でも建てればいいじゃねえかって思うわけで。

 現実は悲惨だとかあるいはクソみたいな悲劇を描いてこれが現実だとか、作り話で現実とは違うとか、そんなこといってる奴はなんなんだろうと。そんな現実に価値なんかあるのかよと。だったらハッピーエンドの物語の世界のほうが価値は上なんじゃねえのかと。お前それ現実に身を置いてる自分カッコいいとか思ってないよな?

 はー。
 何書いてるか分かんなくなってきました。
 とにかくね。あんなあり得ない物が、この世界のどっかに顕現してくれてもいいんじゃねえのかな。その中にまぜてくれとまではいわねえからさ。それを否定する奴らくらいならぶん殴ってやるから、どっかにいてくれらたらいいのにな。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

敷居の住人あらすじ
 敷居の住人 あらすじ

 1巻
Chiaki Honda is a japanese high school boy who is in the midddle of the rebellious age. He has dyed his hair green,tends to neglect a crammer ,aiways plays in the game center,end,moreover,is a smoker. But they don't mean he is specially bad.

One day,Chiaki meeets girl in the game center. she propose playing with him betting his wristwatch against her body. He accepts the bet.But……

 2巻
Chiaki has been confused by his father.Mr.Kaneda,Nanako so he can trust neither an adult nor a woman. He must think about his future seriously soon.

 3巻
 Chiaki quaress wtih his mother because he the met red-haired father.He is disgusted at the complex human relation.They make him desperate,and he abruptly decides to take the entrance examination for high school.

 4巻
Chiaki Honda dyed his hair to black from green,because the green hair was very disadvantageous for him to take an entrance examination for a high school.
Then,he passed in the exam.

Chiaki fell in love with Yukari Adachi who happened to meet him in the train.Coincidenntally,they become classmates in their high school.
Chiaki was puite delighted but Yukari came to love his good friend.It was a shock to him and dyed his hair in green again.

 5巻
Chiaki was invited to make love to Yuka.But,at the begining,she was in pain and struck him in the first.His heart was hurt.Then,he picked up a kitten on the rainy day.

Chiaki became to distrust women competely for the selfishness of Nanako and Yuka.His feeling wasn't refreshed at all tough he reached summer vacation.He ran away from home with IWASI,the kitten.

 6巻
After all Chiaki had first sexual intercourseats with Yuka.But,their loveless relations were over all too soon.He was disprited,and he repeated mysterious action.Then,new century had come.

By the way Nanako started going out with Muneharu.But she grew fond of Chiaki.One day,Nanako confided to chiaki that she might be in love with him.

 7巻
Nanako said to Chiaki,"Please love me."He nodded to her in spite of himself.But,she was depressed about the kaneda's bady,so that he was offended with her.

However,Chiaki was attracted by Yuka,Kaneda's wife,and Yukari.One day,he had a call from Nanako.He was going to see her......
再起動展に行ってきた。
 @yamanokuさんの個展である再起動展にいってきました。詳細この辺→再起動展

 ジャンルこそ違え、岩手県内では数少ない創作クラスタの一人であるやまのくさんの個展であり、折りよくぺんしるさんが迎えに来てくれるとのことだったのでホイホイと岩手大学のメディアセンター図書館1Fについていってしまったのだ。

 正直にいって私の方は美術的な素養なんてないので、どの作品を見てぱっとあれがあれでみたいなことは分かんなくて、解説して貰ったりお話を聞いたり横で聞いたりしてなんとかなんとくなく理解しようと努めてたわけなんですが、色々聞いてみて、では実際再起動ってなんぞや、ということについて考えてみて、私なりに理解してみた。
 
 再起動とは、自分の停滞していた状態を新たな事象を取り込む・取り外すことで解消・進展させること

 私なりの理解はこれである。
 再起動というからには、ありがちな自分のリセットとはまた違う現象を指すと思う。ちゃんと新たに起動しなればそれは再起動じゃないかもしれない。だが、自分がルーチンワークしかしてないかもしれない、という疑惑のある人は再起動してみる価値があるんじゃねーのと思う。

 色々書いてから何回か消してるんですけど、私があれこれ語っても意味ないし、とにかく、自分の目で確認してくるのが一番いいんじゃないんだろうかと。

 有体に言ってしまえば、「イマイチ興味ないなあ」という人ほど足を向けてみるべきなんじゃないかと。特に、何が大切か自分で分かってない人は明日行ってみたほうがいいと思います。

 再起動せよ!

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

学内麻雀大会の予定
 皆さまご機嫌いかがでしょうかしょーしきです。
 現在我々は学内麻雀大会の開催を企画しております。ほらTLで麻雀という単語に反応はしちゃってるけど普段あんまり麻雀しない……という人! 麻雀はできるけども一緒に打つ相手がいない……という人! 麻雀大会を機会にしてみませんか?
 詳細……については、まだまだ未定です。が、参加者人数によって場所や費用について変わってくると思われるので、たくさんの方の参加を募集します!
 
 日時:12月頃を予定しています。16人が揃った場合は、二日間に分けて予選・決勝を行いたいと思います。

 場所:16人が集まった暁には雀荘を借りての大会を! なんてのも考えています。それが不可能ならば、どこかの研究室をお借りして、という形式になるかと思いますが、その場合は手積みになります。

 費用:手積みでの開催となれば、せいぜい500円程度を頂くことになるかと思います。雀荘での大会となると、一人2000~3000円程度頂くかもしれません。

 参加定員:8~16名 運営スタッフを除いて、ということになります。16人集まれば4卓を動かしての開催となります。
 

 麻雀のルール
 基本的には、全国麻雀段位審査会の協議規定に準じます。細かいルールはこちら(全国大学対抗麻雀選手権大会ルール)で確認してください。その他分からないことがありましたら@syousikiへどうぞ。
 

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。