プロフィール

少色

Author:少色
     syousiki
     

一応アドレス
sanzikaro☆
mail.goo.ne.jp

☆を@に変えて、上下を連結のこと。

Twitter始めました

ブログを更新するのが面倒だから

こうしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

しょーしきのしょーじきしんどい。
少色適当なことを適当に書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女観察の手法
 少女観察の技法
 
 前書き
 本文は、道行く女子中高生及び小学校高学年を観察するための手法や着眼点について述べるものである。小学校低学年やそれに準ずる年齢に関しては、基本的に対象外であるので注意されたし。
 この文章を読んだ後、実際に観察に繰り出すのは自由だが、それによって生じるトラブルについての責任は負わないものとする。


 少女観察において、着目すべきところはたくさんあります。無論、人の好みにおいて着目したくなるところは千差万別だと思われますが、今回は一般論というか、皆様の観察の際の一つの基準、指針となるようなことを述べたいと思います。
 それでは早速始めましょう。身長体格をのぞき、まず、我々が注目するべきところは、1.服装2.荷物3.髪型4.友達などがあげられます。これらについて一つ一つ解説して行くので、幾分長くなると思いますが、気長におつき合いください。また、これらのポイントを応用した休日編についてもお話したいと思います。つまり、これから述べるのは主に平日での見分け方のお話です。
 それでは服装から始めていきたいともいます。

1.服装
 平日では、少女を観察するのは主に朝の登校時、あるいは夕方の下校時になると思います。朝は自分自身も忙しいでしょうし、主に下校時における観察点について説明したいと思います。
 下校時の少女の服装は、大きく分けて、①私服、②ジャージ、③制服の三つがあります。
 ①の私服は、もちろん小学生です。学校指定のジャージをきている小学生もいますが、小学校高学年にもなると、ジャージをダサいと思い始めて着なくなるのが一般的でしょう。ここで、ジャージを着ていれば低・中学年、着ていなければ高学年と大ざっぱに分けることができます。
 ②のジャージは、主に部活帰りの中学生であるパターンが多いでしょう。無論、校則や地域柄の違いなどから、ジャージでの登下校が認められていないパターンもありますし、運動部でなければ制服のままということもあり得ます。ジャージで登下校しているというだけでは、年齢などを判別することは難しいといえるでしょう。ただし、新品のジャージを着ている場合は、胸の部分に名前が刺繍されている場合があるので、そこに注目してもよいでしょう。刺繍入りを着ているということは、一年生~二年生である可能性が高いと考えられます。
 ③の制服は、主に高校生です。②の場合と同じように、運動部はジャージで帰っているところがあったりするでしょうから、これも判別は難しいと言わざるを得ません。ほかに判別する方法といえば、スカートの長さに注目してもいいかも知れません。長さに関しては色々好みはあるとお思います。ちなみに私は膝にちょうどかかるか膝が少し見えるくらいが好きですがどうでもいいですねそんなことは。一般論から、スカートが短いほど学年が上だということがいえると思います。これは中学生の場合にも当てはまりますね。ただ、三年になると受験やらでおとなしくなっていることもあるので、一番スカートが短い=三年生、ということは一概にはいえないでしょう。ただ個人的には中三は高三よりもスカートが長いようなイメージがあります。
 あと、制服の場合は、状態によって自転車通学をしているかどうか見分けることができます。経験がある方は分かると思いますが、自転車通学をしていると、制服の尻の部分がつるつるになって光沢がでます。階段なんかで、ぱんつ見えないかどうか試すよりもまず、自転車通学してるかどうかに注目してみてください。というかぱんつ見えそうなくらい短かったら光沢でませんね。
 冬場なら、タイツ・ストッキングを気にするのもいいですが、制服の下に着ているセーターやカーディガンも要チェックです。何人もが同じのを着ていれば指定ということになりますが、色違いなどの指定でないものを着ている場合もよくあります。
 忘れるところでしたが、靴も見てみるといいかも知れませんね。制服にスニーカーとか結構いますし。まあこの辺についてはまだよく考えていないので、後々また考察してみます。

2.荷物
 荷物はある意味服装よりも分かりやすい部分であり、また多くの情報を読みとることができます。
 同じく下校時を前提にお話しますが、まずなんといっても、ランドセルなら小学生です。最近はなにやらいろんな色のランドセルがでているようですが、それはさておくとして。ランドセルの使い込み方から、だいたいの学年が分かります。途中であんまりにも駄目になったので別なものに変えたなどの事情がなければ、ランドセルがぼろになっているほど上の学年です。そういえば傷だらけのランドセルを赤いマジックで塗ってイジメられているのを隠そうとしていた女の子がでてくるエロ漫画があった気がするのですが誰かご存じないですか。
 学校指定の鞄を持っているなら中学生の可能性が高いです。これも同じく、使い込み度で学年が分かります。肩紐の長さも学年を見分ける重要なポイントになるので気をつけてみましょう。中身が詰まっているかも見ると分かりますね。また、中学生になると部活動が始まるので、部活にに使う道具を持っていることがあります。分かりやすいのはテニス部やバドミントン部などですね。ラケットを持ち歩いていることがあるので分かりやすいでしょう。その他の部活となると、道具は学校に起きっぱなしになっている場合が多いかもしれません。
 指定の鞄でないなら高校生だと言うことになります。ストラップ類の他、定期券をぶら下げていることも多いので、よく見てみましょう。鞄が潰れているかどうか分かりやすいことが多いので、見逃さないようにしたいものです。また、高校生になると、軽音部などで活動している場合ギターを持ち歩くパターンがあります。イメージを膨らませましょう。

3.髪型
 髪について着目するなら、まず長さを見ましょう。個人的には肩に少しかかるくらいがベストだと思うんですが。小学生はともかく、中学校になると校則で髪を長くしづらいという事情がでてきます。無論、そうでなくても運動部の場合はあんまり髪を長くしていることは少ないですし、髪がすごく短い子がいたら、校則をまじめに守っている一年生ということになるかと思います。ところで好きな相手のために髪を伸ばしている運動部の女の子とかよくないですか。高校生になると、髪を染めている場合、そうじゃなくても髪を巻いている場合などがあります。私はそういうのはあんまり好きじゃないのですが、所属しているコミュニティを考えるには役立ちます。あとはまあ、サイドを刈ってるとか、シャギーだとか、ボブだとか前髪ぱっつんだとか、色々ありますがよく分かりません。

4.友達
 一緒に歩いている友達については、やっぱりなんといってもお互いの関係を見ることです。同じような荷物を持っていれば、同じ学年、同じ部活であることが考えられます。違う制服同士だった場合は、同じ中学校小学校だった場合があります。特に休日、私服の場合の時に、判別が難しい場合でも、どちらか片方の友達からもう片方を判別することが可能です。


 さて、現時点で私がお話できるのはここまでです。後は皆様の観察眼とセンスにお任せします。ここまでお読みいただきありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

文学フリマへの道のり~
文学フリマを見学させていただきました。その際の日記のようなものをポメラで書いておいたのでどうぞ。

 2010/05/22 22:28
 文学フリマへの道のり

 起床、八時。前日は上山、しんや、新顔の一年生である堀君とともに十二時まで麻雀。起床後、佐藤山盛りのコーヒーとたべっ子どうぶつキラキラミルク味で朝食。いつシャワーを浴びようかなどの雑多な考えを浮かべつつだらだらと過ごす。

 昼食。ラーメンライスを胡椒たっぷりに食う。さらにだらだら過ごす。

 午後。三時をすぎた辺りでようやく行動を開始。シャワーを浴びて着替える。服装にも四苦八苦して苦しみ、七分丈を着る以外はなんだかよくわからなかった。結局、七分丈に半袖Tシャツを重ね、上からまたフェイクレイヤードを着るということに。
 
 盛岡駅に七時に到着。立ち食いそばを食べつつその後の予定について考える。時間はたっぷりある。とりあえずMJ4を打った。調子はよくない。倍万を和了ってもトップとれず。幻球を三個減らす。

 八時半まで打った後、九時半ごろになってからタクシーでバスセンターに向かう。バスセンターには十時少し前についた。九百八十円。バスセンターから結局盛岡駅に行くことを知り落ち込む。

 バスセンター内の写真をとる。すごくいい雰囲気で死にたくなる。車中の飲み物としてカルピスウォーターを買うい、バスに乗りこむ。トイレのすぐ前の席。遠慮なくリクライニングを倒せた。ただ、前の席に座ったおばさんが無言でマックスまでリクライニングを倒してきたのでちょっと怒った。時間通り、十時二十五分に出発。

 バスは盛岡駅を経由して高速へ。一度眠る。目が覚めたのは十二時少し前。辺りも寝ているし、私自身この先起きたら目が冴えそうだと思ったので、もう一度眠る。次に目が覚めたのは一時。バスがパーキングに止まったらしい。これもまたすぐ眠る。後は二時頃、これもパーキングに止まったときに目が覚める。

 朝は四時頃に目が覚めたが、隣の席の女性が完全に起きているモードなので、私も寝るのは止めてただぼーっとするだけに。昨夜からイヤホンの音漏れがひどい男性が未だに音漏れをさせ続けていた。

 予定より十分ほど早く東京に到着。@aerialbrightと合流。時間が余りまくっていること、何の店も開いていないことに愕然とする。

 結局、秋葉原に繰り出し、あちこちをうろつく。最終的にマックに入って、朝食をかねて時間を潰す。結局八時頃まで時間を潰すことになる。

 その後、@aerialbrightが行くという東京タワーへ。私自身久しぶり。中学校の修学旅行以来だろうか。日本人は一生のうち一回は東京タワーを目指すのかなあ、とも思ったりした。

 昼食をどこでとるかでまた一考。予定としては、秋葉原の肉の万世で、万世橋カツサンドことになっていた。秋葉原駅降りてすぐに見つかる。もっと別な場所で食べようかという案もあったが、初志貫徹。晴れていれば缶コーヒーでも買ってどこかベンチにでも座って食べるつもりだったが、あいにくの雨だったので、店内でそのまま食べる。@aerialbrightと二人でその旨さに感動しきり。

 その後、文学フリマへ向けて出発。秋葉原駅から品川駅、浦賀へと京浜を乗り継ぐ。電車内でうとうとして危ない。雨は強くなっている気がした。文フリ会場は駅からすぐだった。人はかなり多かったが、何とかパンフレットを手にすることができた。

 一通り見て回った後、いったん見本誌置き場へ。この時点で私の脳がオーバーヒート気味に。並べられた本の中に、何故私のものがないのかと憤りを覚える。
 
 @aerialbrightがフォロアーのブース巡り。同行する。その後、一度退散した後、私もおもしろそうなブースにチェックを入れ、回る。ブースの数が多いので、すべてをチェックするのは少し難しいような気もした。ただ抽選なしの希望者全員参加というのはすばらしいと思う。

 終了二十分ほど前に文フリを離脱。私は@aerialbrightより一足先に変える予定になっていた。上野から新幹線の切符を買って盛岡へ。腹が減ってきたので駅弁を二つも買ってしまった。@aerialbrightに見送られつつ上野駅を後にする。

 車内は混んでいる様子だったが、無理矢理座る。三人掛けの席の真ん中になってしまったが、当初の予定通り弁当の一つ目(鶏唐揚げとたらこおにぎり)を平らげ、少し眠る。窓際の爺さんが降りる時に起こされる。以後覚醒。七時を回った辺りで、二つ目の弁当(とりめし)に手を着ける。うーん唐揚げととりめしでとりがダブってしまった。問題なく完食。少し腹が苦しい。

 仙台に到着。隣のおばさんが反対側の窓際に移る。私も窓際に移動。秋田行きの新幹線と連結のため九分ほど停止。通路側に男の人が一人乗った。

 古川。以外と多くの人が降りた。と、この文章を書いているうちにまた眠くなってきた。寝ない寝ない。ログを見つつ、今日同じ空間にいたであろう人を列挙してみる。
 @kotohitoさん、@ch1hayaさん、@hazeinheartさん、@_funeさん、@suzuchiuさん。お疲れさまでした!! @aerialbrightの脇にいたのが私です! お疲れさまでした!


テーマ:⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー - ジャンル:日記

ひでてええええええええええええええええええええええええええええええええええええん!
勢いに任せて書いておく。
うん、今"さよならピアノソナタ"を読んでるんだ。ほら、神様のメモ帳の作者の、杉井光さんのね。
もう駄目だ。3巻の途中だけど文化祭の時点でもう駄目なんだ。
世の中、考えちゃ駄目なことってあるじゃない。例えば、「まばたきを意識する」とか、「舌の位置を確認する」だとか、あと「夜眠ってそのまま目が覚めない妄想」とかね。
んでもって、過ぎ去った楽しい時間とかね。
文化祭のステージ、二時間ぶっ続けでライブをやる枠を勝ち取るとかね。もう、何を書いてくてるんだと。私を殺す気ですか? アスファルトダイビングをかませってことですか? このネットやって麻雀やって勉学はおろそかにしまくってる今をぶち殺してくれる気ですか? おまけにアニソン三昧ではButterflyまで流れてきてどういうことですか。どこまで私を精神的に追い込むんですかこの世界は。

死ねる

しかも、この写真とか見てるとものすごい死にたくて死にたくて仕方がないナーーーーーーーーーウwwwwwwwwwwwアイwwwキャンwwwwフラーーーイwwwww ヒェーイwww


誰かが言った、「教師ってのは、せっかく学校卒業してもまた戻ってきて、いつまでも学校から出ていかない困った奴なんですよ」
すっっっっっっっっげええ良く分かる。何が嬉しくて学校出て行くんだと。学校から出て行きたくない気持ち、よくわかります。

もう俺、ロリコン教師淫行教師全部許すわ。お前らは学校から抜け出せないんだ。お前らはクズだけど、眩しさに目が潰れたクズなんだ。めくらやつんぼになった生活をしてるんだな、ホールデンみたいに。不覚にもお前らがちょっとうらやましい。


旅に出たい。

テーマ:⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。