プロフィール

少色

Author:少色
     syousiki
     

一応アドレス
sanzikaro☆
mail.goo.ne.jp

☆を@に変えて、上下を連結のこと。

Twitter始めました

ブログを更新するのが面倒だから

こうしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

しょーしきのしょーじきしんどい。
少色適当なことを適当に書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&B(肉と賭け)エピローグ
プロローグ 第一話 第二話① 第二話② 第三話① 第三話②


[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

M&B(肉と賭け)第三話『再会にして再開』②
プロローグ 第一話 第二話① 第二話② 第三話①


[READ MORE...]

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

M&B(肉と賭け)第三話『再会にして再開』①
プロローグ 第一話 第二話① 第二話②



「……あてて」

 庵は頭の痛みとともに目を覚ました。どうやら、どこかのビルの一室、倉庫のようなところに連れてこられたらしい。つい最近、どこかでみたことがあるような壁の色に、少々疑問を覚えたが、やはり、この手のビルは同じような壁の色だろうか。

 起き上がろうとして、両手足が縛られていることに気がついた。しかも、手足だけでなく肘と膝までロープで縛られている。用心しすぎというか、よく面倒がらずにやったものだと、逆に関心してしまう。

 辺りを見回す。薄暗くて狭い。体を動かすと、あちこちにぶつかる。暗さからして、連れ去れてからまだ大して時間はたっていないらしい。今の時間は、精々九時半から十時半といったところだろう。

 部屋の奥に、菜摘の姿が見えた。向こうも、庵ほどではないにしても、両手両脚が縛られた状態で床に転がっていた。まったく、ひどいことをする連中だ。見た感じに外傷はなさそうだったが、とにかく声をかける。

「大丈夫か菜摘? 怪我は? 動けるか?」
「特には。わたしは、何もされなかったみたい」

 菜摘は、寝返りをうってこちらをむいた。動かないもんだから意識がないのかとも思ったが、目は覚めていたらしい。ひとまず安心した。

 しかし、これで状況ははっきりした。連中は、菜摘を沈めて、庵のほうは、まあばら売りにでもするのだろう。菜摘が何もされていないのは、ただ単に、商品になる女に傷をつけないようにというだけだろう。

「……一体、何が起こったの?」
「あー、いや、それは」

 どう答えたらいいものか。そりゃあ、菜摘のほうにも問題はあったが、まさかこんな方向に話が転がるとは思っていなかった。

「いや、すまん、俺のミスだ」

 とりあえず、そう答えておく。

「庵くんの?」

 菜摘が不思議そうに聞き返してきた。そりゃあ向こうは何も知らないんだから、疑問に思っても当然だろう。当事者のくせに。

 まあいいか。

 たまには話してやるのも。

[READ MORE...]

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

M&B(肉と賭け)第二話『会肉(ミート』②
プロローグ 第一話 第二話①



[READ MORE...]

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

M&B(肉と賭け)第二話『会肉(ミート』①
プロローグ 第一話



 翌日庵が教室に学校に着くと、教室中は今朝方のニュースの話題で持ちきりだった。ニュースの速さも、それが伝わるのも、思っていたより速い。いや、仕方ないだろう。本当は今日は学校は休むべきだったろうが、学校に用があるものだからやむを得ない。

「いおりんいおりん! 見たかよあれ、お前の家のすぐ近くじゃね?」
「いおりんいうな」 
 
 どう考えても、自分の家から数百メートルの地点で事件が起きて、まともに学校で生活ができるとは思えない。
 
 席に着いた庵の周りに、昨日金をやった生徒を含め、生徒たちが一斉に集まってくる。暇なんだろうなあこいつら。

「どうなんだよ、やっぱ取材とかされたか? どれくらいの騒ぎだった?」
「見つかったの今朝だったろ。それほど騒ぎが大きいわけじゃなかったが、テレビはいっぱい来てたな。裏口から出てきたからよくわからん」

 ――今朝、三十代ぐらいと思しき男の死体が発見された。

 男は全身に切り傷を負っており、頬や舌、肝臓や胃や腸、臀部、腿などの、いうならば、食べられそうな部位がことごとく現場に存在しなかった。確認にきた肉親が涙を忘れて卒倒したとか、ニュースではいっていた。死体の状態がひどすぎるので、報道陣はそろってカニバリズム殺人とか、人肉食嗜好者現るとか、センセーショナルに好き勝手報道していた。今のところ遺体の写真は公表されていないが、朝の報道番組ではイラストで死体の状態を解説していた。

「いいか、みんな、この事件には裏があるんだ。この内臓を取るという残忍性、しかも被害者が借金を負っていたという噂もある。つまりこの二つのことから考えると、この地域には、負債者を人肉工場へと回す組織があるっていうことなんだ!」
「「「な、なんだってー!?」」」

 クラスの眼鏡代表、桐林に同調し、クラスの数人が叫んだ。どうしてまた、こんな時だけノリが良いのだろう、このクラス。

 庵は授業道具を机にしまうと、念のため、事件に対する今後の予定を立てることにした。昨日の夜のファミレスの件から、今日のこの事件。立て続けに起こるってことは、なにかある予兆かもしれない。

[READ MORE...]

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。